交通事故

購入したい人もいる

事故車といえば、あまり買い取り価格が高くないイメージがあります。なぜかといえば、多くの人は事故を起こした車をわざわざ購入したいと思わないからです。どことなく縁起の悪い気がして来て、自分もその自動車に乗ると思わず事故を起こしてしまうのではないかとありえないような心配をしてしまう傾向があるでしょう。しかも、わざわざ高いお金を出してそのような自動車を買いたいと考える人は日本人には少ないわけです。ただ中には、そのような自動車を販売業者から購入したい人もいます。

安く手に入る可能性がある

事故車販売の業者の中には、安く売却しているところもあります。例えば、まったく同じグレードで走行距離が似たようなものであれば価格は変わらないはずですが、片方は事故車でなく、もう片方は事故車だった場合、事故を起こした車の方がはるかに安くなります。後者は、前者の半額以下になることも少なくありません。やはり、需要と供給の関係で人気のない自動車は売れない傾向があるわけです。ただ、少しでも安く購入したい人は、事故者であることを気にせず購入するでしょう。

どのような事故かにもよる

日本には様々な事故車がありますが、その種類によっても大きく扱いが異なります。たとえば、その自動車でガードレールにぶつかって乗車していた人が亡くなった場合にはあまり良い評価が下されません。また、人を轢いてしまった自動車の中でも被害者が死亡した場合にも安く販売されるか、ほとんど日本国内では販売されないでしょう。ただ、東南アジアなどではそのような自動車を気にせずに購入する人もいます。この点は国民性や価値観の問題になります。海外に輸出することを考えれば販売業者もそれなりの金額で買い取ってくれるでしょう。

パーツごとにバラして売却する

日本にある事故車といっても、人を巻き込んでいない場合にはそれほど価格が落ちないこともあります。そのため、単に電柱にぶつけて一部分が壊れてフレームが曲がってしまった程度なら、それなりの価値で売却されることがあります。もちろん無事故車に比べれば、販売価格は高くありませんが、決して無価値ではありません。自動車本体をそのまま購入しない場合でも、価値を見いだすことは十分可能です。どのような意味かといえば、買い取った自動車は販売業者がそのまま売却するのではなく、パーツごとにバラして売却することもあります。例えば、電柱に左ドアをぶつけてしまい左ドアが完全に壊れてしまったA車があるとします。事故車Bの左ドアに問題がなければその左側だけ取り外しA車に売り使ってもらえばメリットがあります。解体業者に売却する持ち主も高く売却できるだけでなく、修理するA車の方も安くドアを購入することができるからです。

広告募集中